<< スタッフ白井のGシリーズ試乗レポート! | main | 安全なツーリングは日々の点検から! >>
2018.09.19 Wednesday

雨後の山道にご用心

0

    お久しぶりです。白井です。

     

    時々吹く風が冷たくなってきて、いよいよ季節もになって来ましたね〜

    天気も落ち着いてきたのでツーリングに行かれる方も多いのではないでしょうか?

     

    僕は江ノ島に行って龍口法難会(ほうなんえ)に行ってきました!

    蓮聖人が龍の口へ連行される途中、鎌倉の桟敷尼が鍋蓋に胡麻牡丹餅をのせて供養したことにちなんで、牡丹餅が撒かれるお祭りなんですがご存知でしたか?夏の終わりの思い出になりました!

     

     

     

    さてさて、少し涼しくなって、山々を抜ける峠道を走るライダーの姿も多くなってきたこの頃ですが!

     

    キーワードは雨後の山道です。

    ココ最近、大型で強烈な台風や、ゲリラ豪雨が多かったですよね。。

     

    市街地なら排水機能がありますが、山道なら・・・?

     

    今回は山道に潜む雨後の危険について実例を出しながらご紹介します。

     

    前回のブログでもご紹介した定峰峠ですが、下の画像のようにかなり山の中にあるのが分かると思います。

    かなり複雑な峠道ですが、それはズバリ、斜面がかなりの急勾配だということです!

    急勾配の斜面に大量の雨水が吸い込まれると、斜面がゆるくなりますよね?すると・・・

     

    土砂崩れが発生します!

    道路は両側通行止め!

     

    実はこのとき、夜のライトの具合を知る為にRnineT PUREで走っていたら、目の前で土砂崩れが起きました・・・

    もう数秒早く通過していたら巻き込まれていました。。

     

    そうです。土砂崩れは、山があればどこでも、時間に関係なく起こりうるんです!

     

     

     

     

    ではどのようなところで土砂崩れ(がけ崩れ)が起きやすいのでしょうか?

     

     

     

    福岡県県土整備部砂防課によると、

     

    ・近くに急傾斜地崩壊危険箇所の標識はないか。

    傾斜地の角度が30°以上、又は、上部が張出したりしてはいないか。

    がけに浮石や割れ目、あるいはわき水や落石などがないか。

    がけの頂上付近に新しい亀裂ができていないか。

    ・斜面上にある物(道路、樹木など)が変形や移動していないか。

     

    の5つをチェックリストとして挙げています。

     

    雨が降った後数日間はこれらの事に注意して、少しでも危険だと思ったら引き返すことをお勧めします。

    あなたの身を守るのはあなた自身です!

     

     

    安全に、楽しくモーターサイクルライフを送りましょう!

     

    以上、セールス白井でした!

     

    (引用)

    福岡県 県土整備部砂防課 どんなところがあぶないのか より

    http://www.sabo.pref.fukuoka.lg.jp/dosha/kikenkasho.html

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM